日蓮大聖人の御当体

 『本因妙大本尊』



日蓮大聖人は「開目抄」に



「法華経の第五の巻 勧持品の二十行の偈は 日蓮だにも此の国に
生まれずば ほとをど世尊は大妄語の人 八十万億那由陀の菩薩は
提婆が嘘誑罪にも堕ちぬべし



経に云く 諸の無智の人あって 悪口罵詈等し 刀杖瓦石を加えん
等云々



今も世を見るに 日蓮より外の諸僧 たれの人か法華経につけて諸
人に悪口罵詈せられ刀杖等を加えらるる者ある
日蓮なくば此の一偈の未来記は妄語となりぬ



悪世の中の比丘は邪智にして心諂曲



又云く 白衣に与して法を説きなして 世に恭敬せらるること 六
通の羅漢の如し



此等の経文は今の世の念仏者 禅宗 律宗等の法師なくば 世尊は
又大妄語の人  
常に大衆の中に在って乃至国王に向って大臣 婆羅門 居士等
今の世の僧等 日蓮を讒奏して流罪せずば此の経文むなし



又云く 数数見擯出等云々
日蓮 法華経のゆへに度度ながされずば数数の二字いかんがせん
此の二字は天台 伝教もいまだよみ給はず 況や余人をや



末法の始めのしるし 恐怖悪世の金言のあふゆへに ただ日蓮一人
これをよめり



例せば世尊 付法蔵経に記して云く
我れ滅後一百年に阿育大王という王あるべし



摩耶経に云く 我れ滅後六百年に竜樹菩薩という人 南天竺に出ず
べし



大悲経に云く 我れ滅後六十年に末田地という者 地を竜宮につく
べし これら此等皆仏記のごとくなり しからずば誰か仏教を信受
すべき



而るに仏 恐怖悪世 然後未来世 末世法滅時 後五百歳なんど
正妙の二本に正しく時を定め給う
当世法華の三類の強敵なくば誰か仏説を信受せん
日蓮なくば誰をか法華経の行者として仏語をたすけん



南三北七 七大寺等 猶像法の法華経の敵に内 何に況や当世の禅
律 念仏者等は脱るべしや



経文に我が身普合せり」



と宣言されております。



この日蓮大聖人の仰せを信解なせば日蓮大聖人が


       『法華経薬王菩薩本事品』に



  「我滅度後 後五百歳中広宣流布於閻浮提無量断絶」



の文は



        『法華経如来寿量品』に



    「是時其父」と示されている日蓮大聖人が



     「我今衰老死時己至 是好良薬今留在此」



した後の「遣使」に於かれても同一の時代世相であります。
否、衆生の機根は以前に増して乱れている訳であり、この世相の中
に日蓮大聖人が予告された



       「我れ滅度の後、後五百歳中」



即ち、時間的な最大の幅で云えば大聖人滅時より数えて五百一年目
より千年に至る経過の中であり、



又、「中」を「丁度」とふまえれば御本佛日蓮大聖人滅時より数え
て七百五十年の時と云うことになります。


===============================================


此の七百五十年の時に於いて閻浮提広宣流布ですから遣使は七百五
十年より前に出現しなければならない訳であります。


日蓮大聖人が示し残された「大本尊」には



   「大覚世尊御入滅後二千二百二十余年」



と記年されております。


此の記年の二千年は前に述べた『薬王菩薩本事品』の



「我滅度後 後五百歳」の文を
「我滅度後 五五百歳」と



読み替えた処から成立した時であり、正しくは御本佛日蓮大聖人
御入滅後七百二十余年と云う事であります。



即ち『本因妙大本尊』は日蓮大聖人入滅後七百二十余年より
大曼荼羅という用を閻浮提に顕すとの大予言であり此処でいう


       「顕す」


とは隋自意の本門事戒壇の成立を示す処であります。


今、正しく日蓮大聖人の御予言の時に当って日蓮大聖人が


      「今留在此」


御本佛日蓮大聖人の魂魄、『本因妙大本尊』が出現したと云うとこ
ろに正に


      「聖人は三世を知る」


と仰せられた日蓮大聖人の御本懐があるのであります。
日蓮大聖人が真実の大聖人であった事が今、この本門寺で証明され
た訳であります。



日蓮大聖人は『聖人知三世事』に



「聖人と申すは委細に三世を知るを聖人と云う
儒家の三皇・五帝並びに三聖は唯現在を知って過・末を知らず
外道は過去八万・未来八万を知る 一分の聖人なり

小乗のニ乗は過去・未来の因果を知る 外道に勝れたる聖人なり
小乗の菩薩は過去三僧祇菩薩 通教の菩薩は過去に動喩塵劫を経歴
せり 

別教の菩薩は一一の位の中に多倶低劫の過去を知る
法華経の亦門は過去の三千塵点劫を演説す 一代超過是なり

本門は五百塵点劫。過去遠遠劫をも之を演説し又未来無数劫の事を
も宣伝し 之に依って之を案ずるに委しく過・末を知るは聖人の本
なり

教主釈尊既に近くは去って後三月の涅槃を知り遠くは後五百歳・
広宣流布疑い無き者か 」


と仰っております。


本門正宗本門寺に『本因妙大本尊』が日蓮大聖人の予言の時に御予
言の如く奉安置されたことに依って

        『法華経如来寿量品』

の記文は証明されたのであり、本門正宗なくば日蓮大聖人は大妄語
の人と成ってしまうのであります。


===============================================


『法華経如来寿量品』には「汝等当信解如来誠諦之語」ということ
が三度くりかえして示されております。



この意味は如来の三度の応下の体を示すのであり、始めは「良医」
で次に「父」 そうして三度目は「使」であります。



本門の妙法蓮華経という御本佛が勝応身と如来となって応下なした
が故にこれを本化菩薩と称するのであって釈尊も日蓮大聖人も地涌
も皆、本化の菩薩なのであります。



如来の当体の本化の菩薩が三度世に現れて衆生の機根の正・像・末
を三度整える訳であります。
何故整えるかと云いますと本化の菩薩は勝応身の如来であり、それ
に対して衆生は劣応身だからであります。



劣応身の如来が寿量なる生活を得る為には己を造り成した根本の
波動を正しく保たねばなりません。



此の本門の波動に随わずしては私達、劣応身の色身は寿量の生命を
得ることが出来なくなってしまうのであります。



その経過に於いて私達の色身に種々の病が発生するのであり、病は
久遠元初の御本佛が本門の題目を保たない者への生命に対する警告
とも云えるのであります。



この最も大事な  「本門の題目」  を単称日蓮宗の人々や日蓮
正宗、また法華宗の人々は名目上に於いて知るのみで実際の本門の
題目を知らずに誤った題目を信徒に教えているのであります。



これでは絶対に劣応身の衆生は成仏し得ないのであります。



御本佛日蓮大聖人の末法の衆生に対する教えは

       『如来滅後、五五百歳始観心本尊抄』


に、「寿量品の肝心たる妙法蓮華経の五字を以って浮提の衆生に
   授与せしめ給うなり」

であります。




即ち、佛教の本門、事の戒壇に御奉安置すべき三大秘法総在の


           『本因妙大本尊』

を勝応身の御本佛日蓮大聖人が始めに御造立あそばされた時、及び
その出世の時について

           『如来寿量品』

並びに日蓮大聖人の髄自意に随って述べてみましょう。



__________________________




日蓮大聖人が本門佛教の「法本尊」について示された


     『如来滅後、五五百歳始観心本尊抄』


の御表題の「如来」の正しい解釈は「如来寿量品」に「良医」と
示された人格体を示す所であり、

「滅後」とは『如来寿量品』の「遠至余国」の文を解釈し、時代の
民衆の機根に合わせて表現されたのであります。

『如来寿量品』に「良医」に喩えて示された如来の応身は
「智慧聡達」にして「明練 方薬」して


          『妙法蓮華経』

という応身の生命にとって最も勝れた正法を衆生に示されたので
あります。


===============================================


始めて 『妙法蓮華経』 を衆生に明らかにされた此の良医に譬え
られる如来の勝応身の人格体を、日蓮大聖人の佛教を正統に受け継


          「本門正宗」では



大覚世尊と呼ぶのであります。




そして 『妙法蓮華経』 という生命の本質を明らかにした正しい
教えを応身の如来が衆生に示された時に因んで



         衆生の側に立って此の時を




「本門の正法時」と捉えるのであります。





次に『如来寿量品』には良医が  
「遠至余国」(遠い余の国に至る) した後、「諸子」(衆生)は


       「飲陀毒薬 薬発悶乱」


と示されております。


これは、良医に譬えられる如来の教え以外の、 

 即ち「六師外道=婆羅門」の教え(誤った生命観)に色身を奪わ
れ、その悪しき教えの用(はたらき)に依り悶(いき)たえる程に
苦しみ乱れると予言されております。




如来は此の衆生の苦しみを観て再度衆生の父として

     「還来帰家=如来の再度の応身」


即ち、衆生のもとに還り帰って衆生(諸子)を救療せんと


       「求 薬草」(薬の草を求めて)


       「此大良薬」(此の大{すぐれ}た良き薬)



を作り与えるとあります。




日蓮大聖人は自解佛乗の如来として此の良医の


         

「遠至余国」から




自己の応誕の時、即ち、  




我れ慈父の




「是時其父 還来帰家」の時までを




「如来滅後五五百歳ニ始ム勧心本尊」と顕されたのであります。




当然、此の勧心本尊とは『本因妙大本尊』のことであり「始」むの
意味は

「始めて設ける」の義であって「本門の像法の始まり」という事で
あります。



従来の説は、佛歴を立てる為には髄自意の佛教の節目を根本となす
べきを髄他意の衆生の機根に随って佛歴を設けた為に

           大集経が成立し


それに依って佛歴が論じられて来た事による暦の誤りであります。


ところが「余失心者」(余の心 うしなえる者)達は「不肯服」
(あえて服せず)

「之好色香薬而謂不美」(好ましき此の色香の薬をしかも美しから
ず)と衆生の機根を予言されております。



それ故に如来は  「我れ慈父」  として  「日蓮」と名乗り
「本門の題目」を


          「我今当設方便」


する訳であります。


===============================================



「我今当設方便」の


           「我れ」とは



一人称代名詞として捉えるべきで当然それは日蓮大聖人御自身のこ
とであり



           「今」とは副詞で、



弘安二年(1279)十月十二日の三大秘法総在の



            「本因妙大本尊」



御開眼の時を示すものであります。



           「当」とは動詞で



「あたる」と訓読し、その意味するところは 



          「まともに引き受ける」



ということであります。



            「設」も動詞で



訓読で「もうける」と読みます。



その意味は「新しくつくる」ということであります。



            「方」とは形容詞で



「四角い板」を顕し



            「便」とは名詞で



訓読では「たより」と読み、その意味するところは



            「ことずて」



ということであります。





即ち、この文の文底に秘められた意味を明らかにしながら拝読すれば



「我(日蓮大聖人)当[まさに](如来寿量品の予言をまともに引き
受けた当体者として)今(弘安二年十月十二日)方[うるはし]
(四角い板)き便[たより](末法の衆生に対する日蓮大聖人からの
ことずて)を設け(新しく四角い板につくり)なすべし」



であります。



この「便」とは当然、如来の本質の便であり、それは日蓮大聖人の
観心



            「本門の題目」



であります。




この「本門の題目」とは一切衆生の体を繕い成す根本の波動(エネ
ルギー)のことであります。



近代物理学で「物質波」亦はその提唱者であるフランスのノーベル
物理学賞受賞者のド・ブロイ博士の名を取って


             「ド・ブロイ波」



と呼ばれる波動を大覚世尊はド・ブロイ博士より約二千年前に物質
の本質を見抜いて



              「妙法」



と名付けられたのであります。




そうして再応して「日蓮」と名乗り妙法の法の実体を波動として




            「本因妙大本尊」



に留められそれを



            「本門の題目」



と称されたのであります。



生命の形を繕う根本の波動を日蓮大聖人は衆生の機根に応じて

「我が慈父」とも
「古仏釈尊」とも
「久遠元初」とも
「本門の題目」とものべられております。



この本門の波動を日蓮大聖人がその当体者として「方」(いた)に
設けて後



            「復至他国」



されることが『如来寿量品』には述べられております。



この「復至他国」の時が「我れ慈父」の如来の応身、日蓮大聖人に
於ける弘安五年(1282)十月十三日ということなのであります。


===============================================


本門正宗では『如来寿量品』に「是時其父」と示される
「我れ慈父」の如来が「我今衰老 死時已至」

(我れ=日蓮大聖人 今=弘安二年=老い衰えて死已(すで)に
至る時)

即ち、同年九月に寂日房に宛てた御手紙に



「日蓮となのる事 自解仏乗とも云いいつべし
 かように申せば利口げに聞こえたれども道理のさすところさもや
 あらん  経に云く 日月の光明の能く諸の幽冥を除くが如く斯
 の人世間に行じて能く衆生の闇を滅すすと  


 此の文の心 よくよく案じさせ給え 斯人行世間の五の文字は
 上行菩薩 末法の始の五百年に出現して南無妙法蓮華経の五字の
 光明をさしいだして無明煩悩の闇を照らすべしと云う事なり、


 日蓮は此の上行菩薩の御使として日本国の一切衆生に法華経を
 うけたもてと勧めしは是なり 此の山にしてもをこたらず候なり


 今の経文の次下に説いて云く 我が滅度の後に於いて応に此の経
 を受持すべし  是の人仏道に於いて決定して疑い有ること無け
 んと云々


 かかる者の弟子檀那とならん人人は宿縁ふかしと思うて日蓮と同
 く法華経を弘むべきなり
 法華経の行者といはれぬる事不詳なり まぬかれがたき身なり


 彼のはんくわい ちやうりやう まさかど すみとも といはれ
 たる者は 名ををしむ故にはじを思う故についに臆したることは
 なし


 同じ恥なれども今生のはじは もののかずならず ただ後生の恥
 こそ大切なれ 


 獄卒 だつえば 懸衣翁が三途川のはたにて いしやうをはがん
 時を思し召して法華経の道場へまいり給うべし


 法華経は後生のはじをかくす衣なり  経に云く 裸者の衣を得
 たるが如し云云


 この御本尊こそ冥途のいしょうなれ よくよく信じ給うべし


 をとこのはだえをかくさざる女あるべしや 子の寒さをあわれま
 さざるをやあるべしや 釈迦仏 法華経はめと おやとの如くま
 しままし候ぞ


 日蓮を助け給う事 今生の恥をかくし給う人なり 後生は又 
 日蓮 御身のはじをかくし申すべし 昨日は人の上 今日は
 我が身の上なり


 花さけばこのみなり よめのしうとめになる事候ぞ 
 信心をこたらずして南無妙法蓮華経と唱え給うべし
 

 度度の御音信申しつくしがたく候ぞ
 此の事 寂日房 くわしくかたり給え


      九月十六日   



              日蓮(花押)  」



と別離の挨拶を認められておられます。


===============================================


次いで『如来寿量品』には「是好良薬 今留在此」とあります。



好き是の良薬とは 「本因妙大本尊」 に顕された「本門の題目」
であり 「今」 とは弘安五年十月十二日で 「留」 とは蓮蔵坊
日目上人のもとにであり 「此」 とは当然 「此大本尊」 即ち





「本因妙大本尊」そのものに唯一「本門の題目」は秘めてあると
日蓮大聖人が末法の衆生に予言された文であります。





此の「本因妙大本尊」を日蓮大聖人が造立された弘安ニ年十月十二
日より「遺使還告」の時までを本門正宗では


          「本門の像法時」


というのであります。



では、此の「還告」の時がいつかと云いますと「法華経薬王菩薩本
事品」に  

  「我滅度後 後五百歳中広宣流布於閻浮提無令断絶」


と示されております。



この文は正に『如来寿量品』の如来(日蓮大聖人)が「遠至余国」
してから「還告」する迄の時間を明らかに述べられた文であります。



日蓮大聖人は此の『薬王菩薩本事品』に示された


         「我滅度後 後五百歳中広宣流布」


の文の 「我」 を自解仏乗の御自身を示す「父」として捉え御自
身の滅度時より数えて前の五百年を経過した次の五百年の中に、時
代の機根が成熟して人々が正しい佛教を求める様になると予言され
た訳であります。



その時の始まりが 『日蓮が魂魄』 即ち、『本因妙大本尊』 
開眼の時の弘安ニ年(1279)十月十二日であり、此の時より七百二
十余年目が御本佛が予言された一閻浮提広宣流布の時なのでありま
す。



そして末法の上行菩薩の再誕の時の穀貴・兵革・疫病・の三災、
世界戦争をふまえて地涌す  


ということなのであります。



===============================================

10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29
30 31 32 33 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58





トップページ

胡錦濤中国国家主席
より日了法皇に贈られし書



四川大学客体教授招聘証書


記念メダル



壁画鑑定結果



本門正宗要義之管見
前、精華大學・北京大學 楊教授




小野寺教授写真集






   
中国より日了法皇に贈られし
【南朝天皇御璽】




収蔵證書


小野寺教授寄贈敦煌壁画


四川大學学長補佐
李 小北氏書翰文



四川大學小野寺教授著書





小野寺教授略歴


歴史が証明する事実