山内書店




今上天皇は政体ですか?国体ですか?
閣議決定を無視しながら良い子ぶっている日本国民は世界(特に近隣諸)の嗤い者になっている事に気付いていない。


和製英語を使って外国で恥をかいた経験はありませんか?
明治初期、田舎侍達が始めたお粗末な英語教育と政体か、国体か、という問題は実は3密以上なんです。


国際社会で後ろ指をさされたくない人 はこの本に載っているニューヨーク
タイムズの記事を読んでおくべきです。



「清潔な国の茹蛙」のまま、嘲笑されながら臨終を宣告されたい者は読む
必要はありません。


コロナも怖いが無知も怖い、にしようかにしようか。




ヤフー店で購入

慶応四年、徳川慶喜は東山御物・織田右府・豊太閤を経て柳営御物と成った
後醍醐天皇の御遺品「御器」を所持して上野に移り輪王寺宮に託されました。


輪王寺宮は「御器」を所持して仙台に下られ著者の曽祖父、南主・知徳院様に
奉献され、知徳院様は公方の意を知り慶応四年六月十五日即位し「大政元年」
と改元されました。


これが世に言う「東武天皇」の実態です。


尚、原色茶道大辞典(株式会社淡交社発行)に、「紅葉呉器」の説明として



    「本歌はもと大徳寺にあったが、秀吉を経て柳営御物となった。
     戊辰の役の際上野で焼失したと伝える。」



と記録していますが、本品
(正統天皇と日蓮P12に掲載)がその「御器」で
あることは慶喜公の十女を夫人とした侯爵四条隆愛氏が確認し、隆愛侯爵の
詠が添えられています。



この慶応四年(明治元年)に我が国に二人の天皇がいた事は当時のニューヨー
クタイムズが全世界に報道
しましたが今日までその実態は秘められ謎とされて
来ました。



しかし明治以降、今日に至る我が国の政治の混乱や対外戦争はこの真実を国民
に隠す為に故意に行われて来たものなのであった、、という事が南朝正統の人物
小野寺直氏によって明らかにされました。


先日、茅ヶ崎市内にお住まいの方から質問があり、内容は



   「何故、ここで日蓮が出てくるのか?」というものでした。



私は以下の様に答えました。


「日蓮というと予言で有名ですね。なかでも蒙古襲来は特に有名で十四年前に
 予言し、文永の役・弘安の役が起こりました。。
 他のに予言に【王佛冥合というものがありますがほとんどの人は知りません。
 王佛冥合とは【日蓮が弘安二年十月十二日に顕した本因妙大本尊を根本にして
 
天皇が法華経を説くという事です。



 我が国の国王である天皇が説く法華経でなければ救われない、、と日蓮は予言
 しています。
 2019年5月1日に即位の真似事をして今上天皇になった御方は事あるごとに



             象徴です、象徴なんです、、、



 と言って国民の税金を湯水の如く使いながら逃げ回っています。
 日本国民の象徴であってははとてもとても法華経を説く事は出来ません。
 故に「王佛冥合」を予言した「日蓮」がここに出て来るのです」


              と、お答え致しました。

ISBN 4-900747-34-3 C0036
判型 A5判/上製
頁数 240頁
価格 一冊 2037円(税込み)
十冊 20000円

ヤフー店で購入



ニューヨークタイムズの日本語訳記事(一部抜粋)は139頁に掲載されています。
鎌倉市腰越と藤沢市・茅ヶ崎市にお住まいの方に限り、200円引きと致します。


ヤフー店を通さず直接 090-7194−5298 に電話下さい。